中古トラックの買取や売却のポイント

トラックを売却するために必要な書類

中古トラックの売却時には、登録手続きが必要なため、
様々な書類が必要になります。
 

 

・委任状:買い取り業者に名義変更を委任するためのものです。
委任状には印鑑登録されている実印が必要です。

 

・譲渡証明書:売り手(旧所有者)が買い手(新所有者)に譲渡したことを証明するための書類です。
車の型式、車体番号、譲渡元と譲渡先の住所と氏名が記載されています。それぞれの実印が必要です。

 

・自動車納税証明書:自動車税を支払っていることを証明する証書。
毎年5月に支払い、受領印が押された証明書を受け取れます。
車検と売却時には必要な書類なので保管しておきましょう。

 

・自動車検査書(車検証):所有者、車の大きさ、重量など、車両に関する情報が記載されている書類です。
見当たらない場合は、ダッシュボードの中にあります。売却時には絶対必要になります。
紛失した場合は、陸運支局で再交付してもらえます。

 

・自賠責保険証明書:加入が義務付けられている自賠責保険の保険証です。
車検証と同様に運転時に所持している必要があります。
見当たらない時は車検証と一緒にダッシュボードの中にあります。

 

・印鑑登録証明書:委任状や譲渡証に押された印鑑が本物の実印か証明するために必要です。
売却時には1ヶ月以内に発行された証明書でなければいけません。

 

・住民票、会社登記簿謄本:車検証に登録されている住所と現在の住所が違う場合に必要になります。
個人の場合は住民票、法人の場合は会社登記簿謄本が必要になります。

 

・リサイクル券:リサイクル料金を預託したことを証明するものです。
車検・売却時・廃車にするときに必要になるので保管しておく必要があります。
再発行の制度はないので、自動車リサイクルシステムのHPで
自動車リサイクル料金の預託状況をプリントアウトすると再発行の代わりになります。

 

名義人が異なる場合や車両の種類によっても必要書類が多少違う場合があります。

中古軽トラックを安く買うコツ

中古軽トラックは、実はだいたい相場が決まっていて、
需要や状態などにより、30万円ほど前後します。

 

キャンピングカーや、冷蔵・冷凍車、特殊的な軽トラックは中古でも高い傾向があります。

 

中古軽トラックを購入するとき、
皆さんは販売店の言い値で、そのまま買ってはいませんか?
中古軽トラックを安く買うには営業マンとの交渉が必要ですが、
事前準備としていろいろなポイントをおさえておくと交渉がしやすくなりますので、
簡単に説明していきます。

 

・軽トラックの車種を限定しない
中古車や中古トラックと同じで、
好みや機能性を考えて軽トラックの車種を限定して探してしまうと、
他の車種で状態のよいものやお値打ちのものがでてきているのに
見逃してしまうことがありますので、一つに限定しないほうがいいでしょう。

 

また、好みの車種がないときは、一番人気のある車種を選ぶと、需要が高いので、
車が故障してもたくさん中古車市場にあり、修理がしやすく、
長く乗り続けられることができます。

 

・モデルチェンジの型落ちしたもの選ぶ
自分が購入しようとしている中古軽トラックのモデルチェンジ時期を把握しておくと、
新製品が市場にでることにより、型落ちされたモデルの価格が下がりますので、
安く買うことができます。

 

・複数の販売店を周る
複数の販売店を周ることで、
欲しい車種の価格帯や値引きの限界額などを知ることができ、
その上で、値段と状態がよいものを選ぶことができます。
また、他と比べて、理由なくズバ抜けて安いものは、
何か問題の可能性がある車かもしれませんので注意してください。

 

・安くなる時期に購入する
車が売れない時期の5月から8月は、
価格が一年のうちで最も下がりやすくなる傾向にあるため、ねらい目です。

 

・自分でできる事務費用をおさえる
車庫証明手続き代行費用は、地域の警察署で簡単にできますし、
納車費用は、ご自分で販売店に車を取りに行けばかかりません。

 

・サービスやオプションをつける
販売店がこれ以上、値引きができない場合の手段として、
無料点検整備、オイル交換などのアフターサービス、
バイザーや小物類などのオプションをつけてくれることがありますので
交渉してみてください。
 

更新履歴