中古トラックを購入する時の選び方

中古トラックを購入する時の選び方

中古トラックを購入する時、
基本的には走行距離と年式で選ぶ方が多いと思います。

 

走行距離が多いと様々な部分が劣化している可能性が高いですし、
年式が古い場合も同様です。

 

トラックの走行距離は百万kmまで耐久性がありますが、
それ以上の走行はトラブルが起きる可能性があるので、
なるべく走行距離の少ないトラックがいいようです。

 

しかし、中古トラックは様々な形状があり、
必要な用途に合った中古トラックを探すのは難しいかもしれません。
走行距離や年式にこだわりすぎると、
必要のない機能が備わったトラックを選ぶことになってしまいます。

 

中古トラックを選ぶ場合は、
必要な装備と不必要な装備を明確にしてから選ぶといいようです。

 

また、中古トラックは普通車と違い見た目で良い車両か見分けるのは難しく、
見た目が良くても駆動系統が悪くなっているトラックもありますし、
見た目が悪くても、中身がしっかりとメンテナンスされているトラックもあります。

 

購入する際は、見た目よりエンジンの状態などの中身を重点に置くほうがいいでしょう。
見た目より、まずは中身を見るようにすると良い中古トラックか判断もできるようになるでしょう。

 

走行距離が短くても、
元の所有者がどのように車を扱っていたかによっても車両の状況は違ってきます。
メンテナンスを全くしていない運転手さんもいるので、
そういう場合には、買ってすぐに不具合が起きることもあります。
走行距離や年式に惑わされないようにしましょう。

 

リコールされた車種や、あまり評判の良くない車種、製造年の当たり外れなどもあるので、
気になる中古トラックがあったら、インターネットで調べてみるといいでしょう。
また、どういう事故歴があるか、どういう修復歴があるかも確認しておいたほうがいいでしょう。